ニコリコム第8回オフ会

6月25日(土)に開催されたニコリコム第8回オフ会に行ってきました。以前は毎年秋に開催されていたオフ会ですが、今回は3年ぶりでした。場所は蔵前駅前のかやの木会館。参加費用は無料でありがたいです。

このところ積ん解く状態が続いていてどうしようか迷ったのですが、春のナンリンまつりは行かずに我慢したのだし今度こそということで行くことにしました。

初参加の方も何名かいらしたようですが、やはり以前のオフ会で見知った方が多かったように思います。ゲスト参加はニコリコム創設スタッフの(金)さんと、毎度おなじみの株式会社ハムスターの(ハ)の方と(ム)の方でした。

チーム分けや決まった席はなし。テーブルにはお菓子や飲み物が並べられていて、自由に飲食できるようになっていました。

14時開始。簡単な流れの説明のあと、自己紹介もなくなんとなーく始まります。(やっぱり自己紹介あった方がよかったのでは…。)

会場の前方に早解き大会の予選コーナーが設けられていました。参加希望者は8種目のパズルから一つ選んで問題を解いてタイムを登録します。パズルの種類によらずタイム上位8名が後半に行われる決勝トーナメントに進出となります。自分はぬりかべを選んだのですが、あっさりハタンして時間がかかってしまいました。だめじゃん。

ハムスターさんの(ハ)の方の講演がありました。ハムスターさんは以前からコンシューマーゲーム機向けにニコリのペンシルパズルのソフトを提供されています。講演内容はそれに関するもので、資料は以前のオフ会の講演の使い回しなのですが、巧みな話術で楽しませてくれます。ハムスターさんは、なんと今年で設立17年目だそうです。ニコリコムも今年で10周年目ということで結構続いたなーと思うのですが、さらに先輩なのですね。最近ではニコニコ生放送でニコリのパズルを紹介する番組をやっているそうです。今度見てみよう。

講演の間にはクイズが出題されました。○×形式で全10問。徐々に人数が絞られて最後に優勝決定というのが理想の展開と講演者が最初に言われていました……にもかかわらず序盤で大半の人がなぜか脱落。中盤はなんとなく正答の方へ誘導するような感じで残り人数を調整していくような流れに。そして最終の第10問の時点で残っていた2人が○と×に分かれて……ということで、なんか優勝してしまいました。賞品はハムスターさんご提供のゲームソフト10本(!)詰め合わせとニコリコムTシャツ。どうもありがとうございます。……こんなにもらってよかったんでしょうか。

モリーニさんの講演がありました。タイトルは「解答履歴を色々分析してみる」。ニコリコムの解答履歴を、解答タイムで3グループ何名かごとを抽出して調べたそうです。数独のらくらく、おてごろ、たいへんはそれぞれどこから埋めるか。大きいスリリンはどのあたりから解くか。へやわけで塗らないマスの印をつけるか。など。あの膨大な解答履歴データを何かに生かせないのかというのは確かに思うところです。実際にテーマを決めて分析するのはけっこう大変だったのではないでしょうか。

早解き大会の決勝戦は、予選タイム上位8名によるトーナメント形式でした。予選タイムのよかった方が種目と座席のいずれかを選べるというルールで、そりゃあ自分の得意種目を選んだ人が有利になるような…。優勝はモリーニさん。さすがですね。

最後の残りの時間で、少数決と、パズル盤面の間違い探しをやりました。

終了後は作家有志の方で二次会を設定してくださっていたようですが、わたしは不参加。残ったお菓子をいただいておいとましました。

ということで、今回も楽しいオフ会となりました。スタッフや参加者のみなさん、どうもありがとうございました。ニコリコムとハムスターさんのさらなる発展を祈って、これからも応援していきたいと思います。


今回の戦利品です。なんか同じソフトが2つあるんですけど…。

滑って転んで

通勤途上災害やらかしました。
2/14(金)の降雪の中の出勤時、歩道を歩行中に足を滑らせて転倒してしりもちをつきました。
そのまま出勤しましたが、歩くと左側の腰から腿が痛いので、勤務先の健康管理センターに行きました。病院に行くかどうかは自分の判断でよいとのことで、当日は勤務継続しました
翌日2/15(土)になるとだいぶ症状軽くなってましたが、念のため整形外科を受診しました。レントゲンを撮り、骨に異常はなし。湿布薬と痛み止めの飲み薬を処方されました。幸い大事ではなさそうです。


振り返ると、以下のような背景状況などがあり、起きるべくして起きたと思っています。

  • ふだんから朝は時間の余裕がなく早足気味。
  • 前日の帰りが遅かったのもあって、起床が遅く、雪にも関わらずいつもと同じように時間の余裕がなし。
  • 自宅を出てすぐは足元に気を付けないと危ないという意識があったが、しばらく歩いているうちに意識が抜けていた。
  • 悪天候で靴が傷むのを嫌って、底がすり減り気味の古い靴を履いていた。

悪天候が続きますが、みなさまもどうぞお気をつけください。

PencilBox version 1.6.4 公開のお知らせ

ペンシルパズルエディタ PencilBox version 1.6.4 を公開しましたので,お知らせします。
PencilBoxのversion1.6.0以降?の波及効果で縦長の盤面が開けないことがある不具合を修正しました。

ダウンロード先は以下です。実行可能なプログラム (pencilbox-*.*.*.zip) とソースコード(pencilbox-*.*.*-src.zip) の2種類がありますので,必要な方を取得ください。

その他の情報は以下のウェブページを参照ください。

変更点は以下の点です。

  • 波及効果で縦長の盤面が正常に開けないことがある不具合を修正した。
  • さとがえりに「線の太さ」メニューを追加した。

波及効果で縦長の盤面が開けないことがあると、本日の昼にSourceForgeのサイトにバグの報告がありました。だめもとでtwitterで聞いてみたところ、なんとその不具合を把握している人を知っている人がいらっしゃいました。内容を教えていただき、すぐに修正することができました。

みなさま、ほんとうにどうもありがとうございます。

ニコリ145号

欄外の2文字抜け文に載りました。ちょっと簡単すぎたかも。
2文字抜け文はとてもおもしろいと思うんですが、無理やり作れば全然答えが分かりっこないようなのもできてしまうし、かといってヒントを増やすと簡単になりすぎるし、ちょっとバランスがいりますね。

懸賞もあたりました。ありがとうございます。

ホンダ鈴鹿製作所見学

今日はホンダの鈴鹿製作所見学に参加させてもらいました。

開始までの待ち時間にビデオを観ました。ホンダの四輪事業開始は1963年からだそうで、50周年ですね。

はじめにホールで鈴鹿製作所の概要の説明をいただきました。鈴鹿製作所では軽自動車や小型車の生産をしています。うちのN-ONEもたぶんここ出身なんじゃないかな。

次いで工場見学の1か所めは溶接工程。多数のロボットがきびきび動き、火花がバシバシ飛び散ってました。工場って感じ。

その次の塗装工程は防塵のため見学不可、パネルで簡単に説明をしてくださいました。

見学の2か所めは組立工程。こちらもロボットたくさん、人も多い。工程を追うに連れだんだん組み上がっていくのが分かります。人の作業がしやすいように工程ごとに車の向きや高さが変えていました。

最後におなじみアシモのショーがありました。踊ったりボールを蹴ったり走ったりといった姿を披露してくれました。ここだけ撮影可。

およそ2時間でしたが、とても楽しく過ごせました。
おみやげもいろいろいただきました。

どうもありがとうございました。

ニコリコム第7回オフ会

2013-11-23に第7回ニコリコムのオフ会に行ってきました。
場所はいつもの池袋の会場です。参加者はもうおなじみの顔ぶれも多いのですが、初めていらした方も何名かいらっしゃいました。
チーム別に分かれて席につきますが、今回の各チームのリーダーは、Gutenさん、まいなすよんさん、けんじゃさん、小見枝まやさん。わたしはGutenさんチームでした。


最初は、昨年に続いてゲストでいらしたハムスターさんからのプレゼンで、タイトルは「「ニコリの数独」シリーズ コンシューマゲーム機世界攻略作戦報告」
この一年でどのハードにソフトを提供したか。いろいろな種類のパズルのうち、どれが売れているのか、どれが評価が高いか、など。途中にクイズが数問出題されて、チームごとの正解数に応じ賞品にゲームソフトが提供されました。ぐーたんさん、じゃなくてGutenさんチームは、最終問で他チームとかぶった回答を譲らないという好判断もあって、チーム全員分のゲームソフトを獲得しました。ハムスターさん、ありがとうございます。
そんなハムスターさんのウェブサイトはこちらtwitterアカウントは[twitter:@HAMSTER_Corp]。


作家さんのプレゼン1つ目は339さんの特別講演で、タイトルは「数独の体感的難易度判定ツールの作成とその応用」というなんだか難しそうなもの。
学生さんの研究テーマとして、数独の手筋をいくつかに分類して順番に適用して解くとして、適用順番はどのようにするのがいいのか、問題集ごとの傾向はどうか、といったようなことを調べたそうです。(ちょっと正確でないかも)
さらに進めて、機械的に見た難易度と人が見た難易度との違いがどうかなどに踏み込めるといいですね。同じ初級手筋を使うとしても、1から数字の順に探すのか、左上からマスの順に探すのかとか、いろいろありそうです。
二次会でもいろいろこの辺の話が盛り上がっていて、ニコリコムに蓄積されているユーザーの解答履歴データを研究用に活用できないか、といった話がもされていました。確かにあの規模のデータは他にはない貴重なもののように思います。


作家さんプレゼンのもう1つは、gori.shさん。
ニコリコムの解答コメントを調べて、どのような単語が多いかというのを分析されていました。難易度関係の単語とか、解き筋関係のコメントとか。パズルの種類そのものでは、なぜか「シャカシャカ」というコメントが圧倒的に多かったそうです。なかなか興味深かったです。
わたしは最近コメントをつけることが以前よりも減り気味なので、もう少しコメントを増やすようにしよう。


メインイベントのチーム対抗早解き大会は、例年と同じくチーム対抗のリーグ戦で、一人15秒ずつ交代しながら解く方式です。
種目は1回戦はスリザーリンク、2回戦は今年から新しく加わったさとがえり、3回戦は四角に切れ
そして種目「?」となっていた4回戦は、どのパズルか開けてみないと分からないというもの。数字を入力するパズルの可能性もあるということでテンキーが用意されましたが、結局出題されずに終わりました。
用意したテンキーを活用しないということで、最後にエキシビジョンマッチのカックロを少し。

早解き大会の優勝はけんじゃチーム。おめでとうございます。
Gutenチームはいまいち見せ場も少なく残念ながら4位でした。最初の自己紹介のときにみんなで足を引っ張り合うようなことを言っていたのがよくなかったでしょうか。

チーム得点に、365日じゃんけん大会の個人得点を加えた合計点の順番に、賞品を受け取りました。わたしは最近ニコリ付箋をよく使っているので、補充用にいただきました。いつもありがとうございます。


といった感じで今年もどうもありがとうございました。また来年お会いしましょう。



なお当日のツイートでは以下のような感じ。上の記事では書きやすい順番にしていますが、こっちの方が実際の時間流れに近いです。淡々としていておもしろおかしくはできてないですねえ。

  • ニコリコムオフ会場に着いて受け付けすませたよ。 ちょうどいいくらいに着いたかな。 posted at 13:19:23
  • 第7回ニコリコムオフ始まりました。 まずは自己紹介から。 #nikolicom posted at 13:37:40
  • 今年もゲストでいらしたハムスターさんからのプレゼン。 「ニコリの数独」シリーズ コンシューマゲーム機世界攻略作戦報告 #nikolicom posted at 13:45:56
  • じゃあぐーたんチームからお願いします。 #nikolicom posted at 13:50:34
  • ハムスターさんのプレゼン終わり。 途中にクイズがあって、正解の多かったチームにゲームソフトのプレゼントがされました。太っ腹! #nikolicom posted at 14:14:11
  • チーム対抗早解き1回戦はスリザーリンク#nikolicom posted at 14:17:02
  • チーム対抗早解き2回戦はさとがえりです。 #nikolicom posted at 14:46:07
  • 339さん特別講演 「数独の体感的難易度判定ツールの作成とその応用」 難しそうだ。 #nikolicom posted at 15:06:06
  • gori.shさんの講演 ニコリコムのコメントに特徴的な言葉を調べたという話、かな。#nikolicom posted at 15:29:11
  • 一年間ジャンケン大会。わたしは在位16日。2ヶ月近く君臨した人もいらしたみたい。#nikolicom posted at 16:01:28
  • チーム対抗早解き3回戦は四角に切れ#nikolicom posted at 16:01:36
  • 「全然おののいてないじゃん!」#nikolicom posted at 16:04:07
  • 終戦はどの種類が出るかわかりません。テンキーが用意されます。#nikolicom posted at 16:09:28
  • チーム点とジャンケン大会の個人点との合計点の順番に賞品を受け取りました。ありがとうございます。 #nikolicom posted at 16:34:29
  • RT @HAMSTER_Corp: 今日はnikoli.comのオフ会があり参加させていただきました。みなさんでパズルをしたり、いろいろな話しをしたり、とっても楽しいイベントでした。 #nikolicom pic.twitter.com/zgvbvL4b9U posted at 21:27:10

さとがえりのUIについて

ニコリコム15番目のパズルさとがえり(英語名;SATOGAERI)が始まりましたね。
ニコリ99号のオモパコーナーで提案されて、100,101号と掲載され昇格することなく消えていったパズルとのことですが、よくこんなのを掘り出してきたものです。
そういった目新しいパズルであることもあってか、ニコリコム掲示板でもUIなどについての意見がこれまでになくいろいろ出ているようです。
いくつかの論点がありますが、以下の2点についてわたしの考えを書いてみます。

  • ○の表示について
  • ゼロマス移動の確定必要性について

○の表示について

ニコリコムで驚いたのが○そのものを移動するようになっていたこと。ニコリ本誌の解答図のように、○自体は移動せずに線や矢印で移動を表すものだと思っていました。
PencilBoxでも下の図の1,2のようにしています。どちらも○を起点とする線で移動を表していて、終点を●で表すか矢印で表すかの違いです。移動を矢印で表現するというのは自然ですが、さとがえりの特徴として移動しない場合もあって、これが矢印で表現しにくい。ここでは移動しない場合は×印にしています。

ニコリコムのように○そのものを移動するようにするのを試してみたのが3です。やはり移動前の位置にも目印があった方がよさそうだと思い、小さい■で示しています。

移動前と移動後の○を両方表示するようにしたのが4です。区別のために移動前の方は灰色にしていますが、ちょっとうるさい感じがするでしょうか。

移動後はもう数字の情報がいらないのに、数字が示されているのに違和感があるのかもしれないと思いつきました。そこで移動するごとに数字が減って数字は残りの移動マス数を表すとしてみたのが5です。これならばその数字が移動前なのか移動後なのか区別する必要がなくていいかも。もっともさとがえりでは数字付の○を途中まで動かすという場面がないので意味がないですが、ほかのルールだったらこういうのもありかもしれません。

個人的には1,2のように○が固定の方が分かりやすいような気がしますがどうでしょうか。途中で詰まったときなんかに、どれが動いた○でどれがこれから動いていない○なのかぱっと分かりにくいような気がします。色や線で区別はされているので、単に慣れの問題かもしれませんが。

問題図
1
2
3
4
5

ゼロマス移動の確定必要性について

もう一件、ゼロマス移動を確定しなくても正解になり、確定させると手数がかかるという件について。
この件、わたしは全く気にならないです。自分がやる場合はほとんどの場合は確定させると思います。
気にされている方は、確定すると最少手数でなくなることを気にされているのかと思います。わたしは最少手数を気にしないので、この件も気になりません。
ちなみにPencilBoxも移動確定しなくても正解判定通るようになっていますね。
一方、もし仮に仕様が変更になって、ゼロマス移動の確定が必要になったとしても、別にそれでも構いません。